日経先物

SGX日経先物とは?

更新日:

最近、日経先物取引の勉強をしつつ、実際に投資をしています。

 

インプットとアウトプットを心がけています。

 

インプットしていく中で、

「SGX日経先物」という聞き慣れない単語が出てきたので、

実際に調べてみました。

 

SGX日経先物ってなんのこと?

SGXとは、

Singapore Exchangeの略称で、

シンガポール証券取引所のこと。

 

シンガポール証券取引所で扱っている金融商品の一つとして、

SGX日経先物があるということになります。

 

SGX日経先物の歴史とは

SGX日経先物の歴史を見ていきましょう・

 

①1986年9月より、

SGXの前身となるシンガポール国際金融取引所(SIMEX)で、

日経225先物が取引されるようになります。

 

 

②1999年にシンガポール証券取引所(SES)と

シンガポール国際金融取引所(SIMEX)が合併し、

シンガポール証券取引所となる。

 

現在のSGXは1999年にできていたんですね。

 

SGXの特徴とは

 

取引時間

取引できる日中の時間は、

現地時間で7:45~14:30(日本時間 8:45~16:30)。

 

取引できる夜間の時間は、

現地時間で15:30~19:00(日本時間17:15~03:00)。

 

現在は、

大阪証券取引所でナイト・セッションが導入されたことにより、

大阪証券取引所の方が取引時間が長くなっています。

 

取引相手(カウンタパーティ)が分かること

SGXでは、取引相手が分かることが特徴です。

 

なぜかというと、

野村証券=198

ニューエッジ証券=228番

と証券会社ごとに番号が割り振られていて、

伝票に取引相手となる証券会社の数字が記載されているから。

 

伝票の証券会社を表す数字から、

どこの証券会社が買い増しているのか、売り増ししているのか

分かるということです。

 

取引単位

呼値の刻みが1円、

取引単位は指数の500倍で大証の半分になっています。

 

SGX日経先物のまとめ

今現在は、以前ほどの影響力はなくなってきているようです。

 

・CME日経先物取引がほぼ24時間取引されるようになったこと

・大証がナイトセッションを導入したこと

 

以上の2つから、相対的にSGX日経先物取引の重要性が減少してきているようです。

 

しかし、それを差し引いても、対象やCMEにはないメリットがあります。

それは、売買の際の取引相手(カウンターパーティ)が分かるということ。

 

 

この優位性をもとに、

使い分けてトレードしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ノブ

ノブ

「自分で稼ぐ力を身につける」ために、行き着いたFXでロスカットが発動せず、大損。その経験から、ゼロカットをみんなに知ってほしい。猫好き。詳細はプロフィールへ。

よんでほしい記事

1

こんにちは。   2015年1月15日にあったスイスフランの大暴騰、覚えていますか?     上記の様に、 儲かった人もいれば、 大損した人もいるのが相場の世界です。   厳しいですが・・・   ちな ...

2

この記事を見ていただいているあなたは、 ゼロカットがどれほど顧客のことを考えたサービスなのか、 理解していただいている方だと思います。   自分の資産を守るためには、 逆指値でロスカット注文 ...

3

今回は、XM証券のメリットとデメリットを説明していきます。   メリットとデメリットを天秤にかけたうえで、 私はXM証券を利用しています。   いろいろな証券会社を利用してきました ...

-日経先物
-

Copyright© ゼロカットはもう常識!勝者は利用してます! , 2019 All Rights Reserved.