ゼロカット

ゼロカット業者であるxm証券口座を開くのにマイナンバーは必要?

投稿日:

2016年1月から導入されているマイナンバー制度。

 

ゼロカットの海外FX業者を利用するのに、

マイナンバーは必要なのかまとめました。

 

そもそもマイナンバーとは?

マイナンバーは、

日本に住んでいる国民一人一人を管理するための番号となります。

 

前提として、

マイナンバーは、

社会保障、災害対策、税金の分野に限っての利用を想定されています。

 

マイナンバーは、

下記の3つを目的としています。

 

①行政の効率化

②国民の利便性向上

③国民の所得把握

 

①行政の効率化

マイナンバーを導入することで、

行政が効率よく事務を行えるという利点があります。

 

これまでは、

様々な情報を照会するのに、

行政職員は大きな労力を費やす必要がありました。

 

その手間が省けることで、

効率的な事務が可能となります。

 

②国民の利便性向上

マイナンバーのおかげで、

手続きの際の添付書類が少なくなることが期待されています。

 

申請方法も簡略化され、

申請が完了するまでの時間が短くなるかもしれません。

 

③国民の所得把握

マイナンバーのおかげで、

所得を把握し、

しっかりと税金を徴収することができるようになります。

 

個人のお金の流れを把握できますから、

脱税等を防ぐことができます。

 

マイナンバーの利点

マイナンバーを導入することでの利点としては、下記の通りです。

 

・コンビニ等での各種証明書の取得が可能となり、

わざわざ市町村に出向く必要がなくなる。

 

・各種民間のオンライン取引に電子証明書を利用できるようになる。

 

・市町村や国が提供する様々なサービスごとの複数のカードが一体化される

 

・e-TAX、各種行政手続のオンライン申請が可能となる

 

国民の立場からすると、

各種申請が楽になるというのが利点です。

 

マイナンバーの欠点

 

マイナンバーの欠点は、

マイナンバーカードの紛失や盗難、ハッキングがあると、

どこまで影響が及ぶかわからない点です。

 

マイナンバー単独で本人証明されることはないと思いますが、

将来、何が起こるか分かりません。

 

紛失しないように、

細心の注意を払ってください。

 

マイナンバーに不安な人の意見

マイナンバーに不安を覚える人は、

個人資産が筒抜けになってしまうことを恐れています。

 

私も、

誰かに自分を管理されることが嫌なので、

収入、銀行預金、証券口座、資産等が

紐づけられてしまうのに抵抗があります。

 

将来的に、

新しい税金が検討されしまうのではないか、

という不安の声もありますね。

 

ゼロカット業者でもマイナンバーは必要なのか?

 

私がゼロカットを採用しているFX業者でオススメしているのが、

xm証券です。

 

XMで口座開設をする場合、

マイナンバー(別の名を納税者番号、TIN)をお持ちですか?

と言うメッセージが表示されます。

 

また、口座開設をした後であっても、

追加情報を求める画面が表示されることがあります。

 

私の場合は、上記のメールが通知されました。

そこには、

2018年1月4日以降は新規ポジションを建てることができなくなります

と記載されていたので、マイナンバーを入力しました。

 

XMではマイナンバーを入力しなくても口座開設できます

と書いてるブログを拝見することが多いですが、

口座開設はできても取引はできていないのではないでしょうか?

 

私は、マイナンバーを入力したので、

取引できています。

 

ゼロカット業者であるXMでも

マイナンバーを登録する必要はあるのでしょう。

 

CRS(Common Reporting Standard : 共通報告様式)に準拠

CRSを要約すると、

OECD加盟各国の税務当局間で海外口座情報を、

相互に情報提供し共有する、

ことを指しています。

 

CRS制度が導入されると、

日本居住者の海外金融資産は、

日本の税務組織に筒抜けになります。

 

日本の業者はマイナンバーが必要?

ちなみに、

ゼロカットに対応していない日本のFX業者では、

2016年からマイナンバーの提出が義務付けられています。

 

マイナンバーの提出がなければ、

新しい口座を開設することはできません。

 

マイナンバーを提出する必要があるということは、

必要書類が増えることになりますので、

口座開設に以前よりも手間がかかることになりますね。

 

2016年以前に口座を開設している場合であっても、

2018年の12月末までにマイナンバーを提出しなければ、

2019年以降は取引ができなくなる可能性が示唆されています。

示唆というか、

マイナンバーを登録する必要があるでしょう。

 

納税は絶対にしなければいけない

 

今までも、

これからも、

FX等による投資で得た利益は、

必ず確定申告する必要があります。

 

マイナンバーができたことで、

国が簡単に個人の資産を把握することができ、

どれくらい儲けているかがすぐにわかります。

 

つまり、

以前よりも確定申告が厳しくなるかもしれません。

 

意図的に、確定申告しないことは当然脱税になりますし、

確定申告を忘れていたことも脱税です。

追徴課税になったら、目を当てることもできません。

 

過去も将来も、

税金はしっかりと納める必要がありますので、

注意してくださいね。

 

まとめ

・マイナンバーによって、行政も国民も便利になる。

 

・マイナンバーによって、個人の資産は筒ぬけ。

 

・日本国内のFX業者はもちろんだが、

ゼロカット業者でもマイナンバーの登録は必要。

 

・マイナンバーによって、個人のお金のやり取りは可視化されるので、

確定申告は絶対に忘れてはいけない。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ノブ

ノブ

「自分で稼ぐ力を身につける」ために、行き着いたFXでロスカットが発動せず、大損。その経験から、ゼロカットをみんなに知ってほしい。猫好き。詳細はプロフィールへ。

よんでほしい記事

1

こんにちは。   2015年1月15日にあったスイスフランの大暴騰、覚えていますか?     上記の様に、 儲かった人もいれば、 大損した人もいるのが相場の世界です。   厳しいですが・・・   ちな ...

2

この記事を見ていただいているあなたは、 ゼロカットがどれほど顧客のことを考えたサービスなのか、 理解していただいている方だと思います。   自分の資産を守るためには、 逆指値でロスカット注文 ...

3

今回は、XM証券のメリットとデメリットを説明していきます。   メリットとデメリットを天秤にかけたうえで、 私はXM証券を利用しています。   いろいろな証券会社を利用してきました ...

-ゼロカット
-, ,

Copyright© ゼロカットはもう常識!勝者は利用してます! , 2019 All Rights Reserved.